スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以後の更新内容の改善のために、是非ともご評価のほどよろしくお願いします!→

Carbon EmacsをMaxOS X(10.5)にインストール。

 いちいち記事にするまでもないかもしれませんが、ちょっと手間取った部分もあったので備忘録代わりに書いておきます。


UNIX環境でよく利用されるらしい、この高機能テキストエディタ「Emacs」を手持ちのMacOS X(10.5)にインストールしてみます。ちなみにCarbon Emacsです。

まず、インストールパッケージをダウンロードします。
[http://homepage.mac.com/zenitani/emacs-j.html]

続いて、イメージを展開します。(ダウンロードファイルをダブルクリック。)
アイコン←コレ。



さて、展開されるとウィンドウが出てくるので、Emacs.appをアプリケーション(Applications)というディレクトリにコピーしましょう。
展開後
ドラッグ&ドロップでApplicationsディレクトリへ。


これでインストールは終了。アイコンをダブルクリックするなりすれば起動します。
Emacs起動!
Carbon Emacsの起動画面。




注意!:最初、私はApplicationsディレクトリではなく別のディレクトリにコピーしましたが、そうすると正常に起動しませんでした。(ダブルクリックしてもウィンドウは出ずに起動しない。) Applicationsディレクトリに移動したら動作しました。仕様上そうしなければならないのでしょうかねぇ・・・。
以後の更新内容の改善のために、是非ともご評価のほどよろしくお願いします!→

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

UNIXプログラミング環境 (海外ブックス)

UNIXプログラミング環境 (海外ブックス) いまどき、シェルの基本的な使い方から lex+yacc を使ったパーサ作成法にまで広範囲に言及...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ようこそ!
Author: Torasuke
Profile: 地元大学の情報系学部に息をひそめる二回生。
   SA SW


ブログ内検索
最近のコメント
オススメ
京都の大学生のラボブログ
Python,Java,Objective-C,GAE,Macなど
Python独習中の大学生のブログ


ltzz.info
ここの管理者さんには謁見済み!(えっ

 Use OpenOffice.org
無補償でも良いなら、MSOfficeよりOpenOfficeで十分です。

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
当サイトは、Firefoxというブラウザで動作確認しています。私は以前、IE派でしたが、一度乗り換えて慣れてしまうと、Firefoxのほうが便利だということを実感しました。

是非よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。