スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以後の更新内容の改善のために、是非ともご評価のほどよろしくお願いします!→

HSPで偶数・奇数・素数を求めてみる。

最近、HSPでの偶数・奇数表示あたりで検索して来てくださる方が
何人かいらっしゃったので、臨時の記事を書き下ろしておきます。

いずれは、PHPバージョンのように、問題形式で解説も出来ればなぁと思っていますが、
何せ、いろいろ忙しくて暇がなくて・・・(←ウソ)


解説する暇がないので、今回は例を示し、メモ程度の説明を入れるだけです。
ご要望があれば、できるだけ早急に解説を作りますが、
特に無い場合は、何週間も後に作るかもしれません(気まぐれです)


ちなみに、HSP3.1で動作確認しています。



結論、これらを作るには『剰余演算子』(→「¥」)が重要になってくると思います。
(※剰余演算子についてはコチラをご覧ください。)

HSPで偶数を求める(0?50までの範囲)

偶数は2で割り切れる』という性質を利用して表示しています。
条件式は「割ったときに余りが0だったら」という意味です。

HSPで奇数を求める(0?50までの範囲)

奇数は2で割り切れない』という性質を利用して表示しています。
条件式は「割ったときに余りが0ではなかったら」という意味です。
(「!」は、否定の意味を持ちます。)


HSPで素数を求める(2?100までの範囲)

素数は、1とその数自身以外では割り切れない』という性質があります。
whileの繰り返しでは、どの数でも割りきれないかチェックしています。
変数fは、変数iを2で割っています。 これは、無駄な処理をさせないためです。
たとえば、「47」が素数かどうか判定するとき、
while構文で2で割り切れるか判定→3で割り切れるか判定→4で・・・・ と続きます。
「46」になるまで繰り返し処理すれば良いんですが、47の約半分の「23」で
割り切れなければ、それ以上の数で割り切れるわけがありません。
なので、47を2で割って「23.5」にして、
その「23.5」までの整数で、割り切れるかどうかをチェックします。
これで、無駄な処理を半分近くに押さえられるかな?  ・・・と思います。


【追加情報】:新しく、処理速度が向上したプログラムも提示してみました。
        よろしければご覧ください。 <<コチラ>>




いずれの場合も、効率的なプログラムとは言えないかもしれません。
ただ単に、目的の数値が得られることだけを考えて作りました。
効率的かどうかはご自分で判断してくださいね(^ ^;)

以後の更新内容の改善のために、是非ともご評価のほどよろしくお願いします!→

テーマ : HSP /  ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして(^^
あちこち探検している内に おじゃましちゃいました^^;

よければ私のHPも のぞいてくださいね(^ ^♪





先日はありがとうでした

先日は、私のブログに足跡を残して下さり
どうもありがとうございました。

宜しければ、また遊びに来て下さいね。

ともさん、絢香さん、 はじめまして。

ご訪問ありがとうございました。

感謝!

ども、HSPでプログラミングをしている者です。

作業をしていて「あれ?どうやってやるんだったっけ?」と思った時に
ウェブ検索でひょいっと答えが出てくるサイトにどれだけ助けられているか…。

ありがとうございます!

Re:感謝!

とらすけです。
ご訪問ありがとうございます!
お役に立てれば嬉しく思います^^
カテゴリー
ようこそ!
Author: Torasuke
Profile: 地元大学の情報系学部に息をひそめる二回生。
   SA SW


ブログ内検索
最近のコメント
オススメ
京都の大学生のラボブログ
Python,Java,Objective-C,GAE,Macなど
Python独習中の大学生のブログ


ltzz.info
ここの管理者さんには謁見済み!(えっ

 Use OpenOffice.org
無補償でも良いなら、MSOfficeよりOpenOfficeで十分です。

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
当サイトは、Firefoxというブラウザで動作確認しています。私は以前、IE派でしたが、一度乗り換えて慣れてしまうと、Firefoxのほうが便利だということを実感しました。

是非よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。