スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以後の更新内容の改善のために、是非ともご評価のほどよろしくお願いします!→

JavaScriptで、全てにチェック入れる! ?ついでに外したりデフォルトに?

JavaScriptにも興味を持ち始めたわけですが、


先日の記事での

「JavaScriptで、全てにチェック入れる! ?とんだ勘違い?」

ですが、これの一般的な利用方法としてもうちょっと改造してみました。



今度は、「全て外す」とか、「デフォルトに戻す」とか。





「デフォルトに戻すなら、inputのresetを使えば簡単にできるじゃないかっ!!」

って言われそうですね。でも、同一フォーム内に、チェックボックス以外のもの
(例えば入力欄textとか)があったら、それも含めてリセットしちゃいます。
あくまでチェックボックスだけをデフォルトに戻したいなぁ?って時に使えるかな??




これを実行すると、下 【追記】みたいになります。


いきなり追記に表示して申し訳ないです。
続けて書いて投稿すると、他の記事のJavaScriptと影響し合うのか上手く動かなかったりするのでこちらに移植しました。ご了承を。



リンゴ【デフォルト】
バナナ
メロン【デフォルト】
グレープ
オレンジ【デフォルト】



これで、入力欄に入力されている情報を保持した状態で、
チェックボックスのみをリセットすることが可能です。


Check_true()関数の定義内容としては、
「VariousForm1という名前のフォームの○○という部品の状態をtrueにする」の意です。

すなわち、配列で定義した項目名のチェックボックスの内容をOnにしていく訳です。


Check_false()関数では、指定部品の状態をfalseにするということです。
つまり、配列で定義した順番に、チェックボックスの内容をOffにしていくのです。


では、次のCheck_default()関数はどうでしょう。
document.VariousForm1.elements[All_Items[i]].defaultCheckedとは何でしょう。
指定されたチェックボックスが、デフォルトでどのような状態だったかを返すものです。

ようするに、デフォルトがOnならtrue、 Offならfalseを返します。


なので、Check_default()関数は、
指定されたチェックボックスの内容を、デフォルトに変更する(戻す) という訳です。

(「defaultCheck」の大文字と小文字に注意してください。)



こんな説明で良かったのかな・・・?
詳しくは専門の解説サイトに行っていろいろ見てください。(逃^^;)



ちなみに、これとほぼ同様のスクリプトを図書館システム内に埋め込みました。

(そこに使用するから自分で再構築したわけです。)

検索項目をチェックボックスで選択画面があるんですが、
項目がいくつもあって選ぶのが大変なのです。【下に参考画像】


いっぱいのチェックボックス
  ▲こんな感じです。



まぁ、こんなにいっぱいのチェックボックスを使うこともそんなに無いでしょうけどね(汗^^;)
以後の更新内容の改善のために、是非ともご評価のほどよろしくお願いします!→

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ようこそ!
Author: Torasuke
Profile: 地元大学の情報系学部に息をひそめる二回生。
   SA SW


ブログ内検索
最近のコメント
オススメ
京都の大学生のラボブログ
Python,Java,Objective-C,GAE,Macなど
Python独習中の大学生のブログ


ltzz.info
ここの管理者さんには謁見済み!(えっ

 Use OpenOffice.org
無補償でも良いなら、MSOfficeよりOpenOfficeで十分です。

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
当サイトは、Firefoxというブラウザで動作確認しています。私は以前、IE派でしたが、一度乗り換えて慣れてしまうと、Firefoxのほうが便利だということを実感しました。

是非よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。